無料
エロ
動画
性器加虐・自虐・拷問
性器に対する加虐・自虐・虐待・拷問の画像、記事が中心のページです。中には気分を害す描写や画像もあります。興味の無い方は退場下さい。閲覧はあくまで自己責任で!
スパイラルチューブ2
ちょっと、これはエグい記事になる。
なので、書く事をちょいと躊躇。

何を馬鹿なことやってんだって、声が聞こえてきそうだが、世の中にはもっと強者がいて、
俺はまだまともな方、、と自分に言い聞かせて、書く。



この「蝮の牙チューブ」は亀首部分にだけ巻く。
亀頭部分は皮膚が薄くて、なんてゆうか、すぐに別のものがで始める。

ちんぽに巻きつけた途端から、痛ぇ・・当然だ、それが良くてやってる。
ウレタンゴムのハーネスを引き絞って緩まないように留める。
ギッチり、ちんぽに巻きついて簡単には外れない・・ように細工をする。

左右に振ってみる。
なんていうか、皮が極端に引っ張られてたり、反対に余ったりしたところが無いか
確認する。一箇所だけに集中したんじゃ、牙を無数に起てた意味がない。
あと、エラにかかると、すぐに皮膚がさけるので、そこだけ注意する。

ぐりぐり回して、左右に振って、押して引っ張って叩いて叩いて・・。
改めて、痛い。

もう少し強く何回かひっぱたく。とりあえず5、6回。バチバチバチバチッ。
外れないか・・・
おおぅ、それにしても痛ぇ。目が覚める。

さらに強く、バチッバチッバチッバチッ。
痛ぇ、痛ぇよう。
これでいつも通りひっぱたいたらどうなるんだろう・・ドキドキ。

ホントに行くの?・・・行って欲しいんでしょ!・・・はい、その通りです・・・
もつかなぁ・・・ええい、それじゃ行くぞ。
バチンバチンバチンバチン・・
火の出るような痛さ。気合だ気合!とりあえず、50回・・様子見。
牙が皮膚に噛み付いたのが解る。ちょっと血が滲んで見える。
大丈夫な感じ。さぁ、本気モード突入!
ゲツンゲツンゲツンゲツン・・・ポリエチレンと鉄の棒がぶつかり合うのでこんな音。



俺の稚拙な細工だと、200回も打つとなんぼほどかチューブが外れかかる。
完全には外れないが、ちょっと形が崩れる。
まぁ、簡単に直る程度なんで、直して続けて打つ。

ゲツンゲツンゲツンゲツン・・・・・



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://seikigyaku.dtiblog.com/tb.php/7-fd774efd
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 Powered By DTI ブログ allrights reserved
close